グリーンスムージーは健康にいいだけじゃなかった

グリーンスムージーは健康的なローフードドリンクとして人気ですが、ダイエットにおいてはどのような効果があるのでしょうか?
グリーンスムージーとは?
グリーンスムージーの生まれはヴィクトリア・ブーテンコさんという一人の主婦からでした。
ヴィクトリアさんの家族は様々な健康障害やダイエットに悩まされていたのですが、それを解決するために彼女が考え出したローフードの方法です。
生物学的にも現代人は圧倒的に野菜と果物を摂る量が不足しています
緑の野菜にはとにかく栄養素が詰まっています。
例えば、チンパンジーは成人病にもガンにもなりませんが、彼らは野菜と果物しか食べません。
彼らと人間のDNAは99%同じなのですから人間にも当てはまる事なのです。
本来、食事の8割は野菜と果物で十分なのです。
ダイエットの視点だけでなく健康そのものを考える上でもグリーンスムージーは効果的なんですね。

グリーンスムージーを使ったダイエットの効果

グリーンスムージーの葉野菜に含まれる栄養素はビタミン、ミネラル、食物繊維などです。
その中でもクロロフィルと呼ばれる葉緑素は血液の中のヘモグロビンと似た構造のためこれらがまず血液を綺麗にする効果があります。

 

血液がきれいになると栄養が体に行き届くようになるので、新陳代謝が上がることで便秘の解消やむくみの解消が始まります。
次に免疫力が上がり病気の予防につながります。(がん予防、心血管障害などに効果)

 

このようになると老廃物として蓄積していた脂肪も分解されて排出されていきますのでダイエット効果でスッキリお腹になりますし、お肌もハリとツヤが出てキレイになる効果もあります。

効果別のスムージーダイエットおすすめ野菜と果物

むくみ予防
リンゴ、バナナ、レモン、ホウレンソウ
カリウムが含まれるものが効果があります。

 

抵抗力アップ
イチゴ、オレンジ、バナナ、グレープフルーツ
ビタミンCを摂ると抵抗力に効果が出ます。

 

便秘解消
パイナップル、バナナ、大葉
食物繊維はお通じにいいです。

 

新陳代謝の向上
マンゴー、グレープフルーツ、パセル
ビタミンBが代謝向上に効果的です。

ダイエット効果のある飲み方

グリーンスムージーで痩せるには飲み方を工夫しましょう。
一番効果的なのはファスティングをすることです。
ファスティングとは、栄養を補いながら食事を減らして消化器官を休ませることです。
いつも働き続けている消化器官を休ませることで免疫力がアップしデトックス効果が期待できます。
これを生かして1日のうちの1食をグリーンスムージーに置き換えます。
すると1ヶ月で3-5キロのダイエットに成功したという口コミが多くあります。