血糖値が上がるとダイエットも難しい

血液中の糖分(ブドウ糖)が多い状態が続くと糖尿病と診断され、食事制限やダイエットをするように病院で言われた方は多いのではないでしょうか。
病院の検査や定期健診で指摘を受けた人もいるでしょう。
糖尿病は濃い食事を続けていたり、お酒をよく飲む人がなるため、昔はぜいたく病だとも言われていました。

 

高血糖が持続すると、細い血管(細小血管)が障害され、やがて網膜症や腎症が起こります。
また、同時に末梢神経にも影響を及ぼし、足の壊疽(えそ)などの原因にもなります。

 

空腹時血糖検査:126mg/dl以上
75gOGTT:200mg/dl以上
随時血糖検査:200mg/dl以上

この基準を超えると危険といわれています。

 

特にお酒を飲む方は肝臓が弱り、インスリンの分泌が少なくなるため血糖値が上がりやすくなります。

 

 

血糖値が上がると、ブドウ糖が中性脂肪に変化しやすくなり、お腹にどんと内臓脂肪がたまっていきます
しかし、食事の量を減らしたり、炭水化物の量を気にしたりすると、今度はそれがストレスに感じて悪循環になってしまう人もいます。
食事や運動など、生活習慣を変えるのはなかなか難しく、ダイエットも難しくなっていきます。
そんな方はぜひサプリを飲みましょう。
糖の吸収を抑えるものを飲めば、食事をあまり気にしなくてもよくなりますし、ダイエットにも有効なサプリを選べばスリムで健康的な体に戻していけます。

血糖値を抑えるダイエットサプリ

「白井田七」(糖尿病の方におすすめ)

中国で昔から伝わる田七人参には「サポニン」と呼ばれる成分が豊富に含まれています。
これは血液の巡りを良くし、サラサラにしてくれます。
その量はなんと高麗人参の7倍、インスリンと似た働きをし、血糖値を抑えるサポートをします。
また、合成素材を一切不使用で100%オーガニックのサプリです。
体内で生成できない必須アミノ酸も摂れるので、健康維持にはとても大切なんです。

 

定期コースは、初回価格は、39%OFFの3,980円です。
2回目以降は、20%OFFで5,184円で購入が出来ます。
送料無料で15日間の返金保証が付いています。

 

白井田七。 長野県に住む白井さんが、中国雲南省で知った田七人参に魅了され、日本で栽培を始め完成させた商品です。 ・ 栽培から加工、製造までを一貫管理し、有機JAS認定を受けている安心・安全なものなんです。 ・ 飲むんでみると、独特な味が一瞬しますが、 これだから効果があるんだろうなーと、感じます。 ・ 飲みはじめて感じた、体の内側から湧いてくるような気力感。 だるくて堪らないという日が少なくなり、昼間の眠気も軽減されて来ています。 ・ 本物は違うなと感じるわけです(^○^) モニタロウで当選させて頂き、モニターしています。 #白井田七 #田七人参 #漢方 #サプリメント #さくらの森 #monitaro #モニタロウ

Chiakiさん(@myonmama)がシェアした投稿 -

愛用者の口コミ
木村さん 55歳
昔からお酒が大好きで、ほぼ毎晩飲み歩く生活をしていました。
お腹のぽっこりも気にはなっていましたが、まだ大丈夫だろう、自分は病気にはならないだろう、と決めつけていたんです。
そんな時、健康診断でついに血糖値の数字が危険ゾーンになり、医者からお酒のストップとダイエットするよう言われました。
早速、ご飯の量を半分にして野菜を増やしましたが、これが辛くて。。
お肉やとんかつが食べたい、というのを我慢するストレスがどんどん大きくなったんです。
妻から無理するのもよくないと言われて考えたのがサプリです。
そこでこの白井田七を飲み始めました。
1か月ほどすると血糖値の数値が少し下がって、体も楽になってきました。
そこで運動を始めて、食べる量は減らして、たまにはお肉も食べました。
2か月目も血糖値は安定して、体重も減ってきました。
自力ではつらくてしょうがなかったですが、サプリに頼ってみるものですね。
ありがとう。白井田七

機能性表示食品!「厳選青汁Premium」

こちらはダイエットにも有効な中性脂肪も分解してくれる青汁です。
食後の脂肪と糖の吸収を抑えてくれるトウモロコシ由来の「難消化デキストリン」をたっぷり配合しているので、これまでと同じ食事をしても体への吸収が抑えられるんです。
痩せたいけど食べたい、という方に愛用者が多いです。
青汁の原料は国産の大麦若葉なので安心、消費者庁からの機能性表示食品として認められている商品です。

愛用者の声
小野さん 48歳
昔から青汁は気になっていたんですが、野菜は食べているしまだ早いかなと思っていたんです。
すると更年期もあって血圧と血糖値が上がり気味に、そこで選んだのがこの厳選青汁Premiumでした。
サプリは素材が大事だと思い、国産のもので、機能性表示食品というのが安心感がありました。
飲み始めるとお通じもよくなって体の調子がよくなりました。
前は体の重さ、だるさもあったのですが、それが取れて体が軽くなった感じです。
2か月後には血糖値の数値が下がっていて、効果を実感できました。

「おとなの前菜」

こちらは50代に悩みの多い「中性脂肪」と「血糖値」に有効とされている難消化デキストリンを最大量含んだサプリです。
食事の前にゼリーを飲むだけで血糖値の上昇が抑えられるデータが出ています。
また、その簡単さが評判です。
原料はとうもろこし、寒天、黒大豆で、食物繊維やポリフェノールがたっぷり摂れます。

愛用者の声
太田さん 53歳
サプリや薬は今まで飲んだことがなくて、なんだか面倒に思っていました。
このサプリはゼリータイプだったので、これなら私でも続けられると思って試してみたんです。
すると、味も甘くておいしくて、食事の前にすっと食べるだけで、外出の際にも手軽に持ち運べました。
これが習慣になって続けていると、お腹の脂肪がだんだん軽くなってきたんです。
ウエストを測ってみると、いつのまにか3センチも細くなっていました。
ダイエットをしていたつもりはなかったのですが、いつの間にか痩せられました。
これからジムにも通ってさらにがんばります。

「サラシアプラス」

サラシアという成分をご存知でしょうか。
サラシアは亜熱帯地域の森林に広く自生している植物です
サラシアを摂ることにより、糖分の分解をおこなうα-グルコシターゼの作用が抑制されて、食事で摂った余分な糖が吸収されにくくなります。
この作用によって食後血糖値が急上昇したり、糖が脂肪に変わって体内に溜め込まれてしまうことの防止になるため、糖尿病の原因となる過剰な糖や肥満の対策になり、発症の予防に効果的です。
また、ポリフェノール類やテルペノイド類も含まれていて、これらの成分や栄養素は腸で脂肪の代謝酵素の作用を妨げます。
その結果、体内で脂肪が吸収されるのが抑制されるほか、体の中の脂肪細胞に蓄積されている脂肪の分解が促進されて、ぜい肉が減少する効果を見込むことができるのです。
富士フイルムの研究では、肥満傾向にある男女にサラシア含有サプリメントの摂取を試験した結果、体重・腹囲・BMI(体重(kg) / 身長(m)2)の減少に効果がみられました。
サラシア含有サプリメントを摂取していると、血液中の中性脂肪の量が減少し、腸間膜、腎臓周囲、子宮周囲に蓄積された脂肪が減ることも確認されました。
つまりサラシアは生活習慣病と関係の深い脂質異常症、内臓脂肪の解消にも効果があると考えられるのです。
サラシアプラスでは、ギムネマ、白いんげん抽出物、ウコン、オルニチン、桑の葉、グアバ葉、など11種類の健康成分を配合しています。

愛用者の声
池田さん 49歳
サラシアという言葉は聞いたことがありましたが、その効能は知りませんでした。
病院の健康診断で血糖値を指摘されて、即効性のある薬はないので、食事を見直したりサプリを飲むように指導されました。
そこでこのサラシアプラスを飲んでみたんです。
糖の吸収を抑えると中性脂肪の増加も抑えられてダイエットにもつながるんですね。
それはありがたいと思って2か月続けると、実際にウエストが細くなりました。
血糖値も下がって病院でも改善したとほめられました。

「ルックルックイヌリンプラス」

菊芋をご存知でしょうか。
お芋の種類の1種ですが、この食物には「イヌリン」という水溶性食物繊維がたっぷり含まれています。
この成分が糖の吸収を抑え、また腸内でオリゴ糖に変化して善玉菌を増やす手伝いをします。
腸内環境(腸内フローラ)を整える事でインスリン抵抗性が改善でききる事が確認されています。
これで糖を撃退し、さらにナットウキナーゼ、玉ねぎ成分、サラシアや桑の葉なども配合し、1袋に食物繊維をレタス153玉分凝縮しました。

愛用者の声
大沢さん 55歳
白いご飯は元気の源で、私の食事には欠かせませんでした。
夕食にはビールとごはん、そしておかずをずっと続けてきました。
健康診断の数値が最近悪化し、糖尿病の一歩手前だと言われたんです。
これにはショックを受けてお酒と食事の量を減らしました。
でも、量を減らしただけでは数値が変わらず、だんだんイライラもつのってきたんです。
そこで見つけたのがこのイヌリンプラス、とにかく試してみようと思い1か月続けてみました。
すると、血糖値が下がり始めたんです。
自然由来の原料でたくさんの種類の栄養を手軽に摂れるので脂肪も減ってダイエットにもなりました。

脂肪や糖を抑える【ベジファス】

血糖値が高めの方は食事の時にまず野菜を食べるといいといわれています。
それを手軽なゼリーのサプリにしたのがベジファスです。

 

・難消化性デキストリン配合によって、食物繊維をぎゅっと凝縮
・シークヮーサー+レモン酢でフルーティーなゼリーでおいしく食べやすい
・80種類の植物発酵エキス配合でキレイをサポート

 

女性のダイエットにも使えるサプリとして若い方にも人気です。

血糖値を下げる主な成分

「難消化デキストリン」
難消化性デキストリンは、トウモロコシのデンプンを培焼し、アミラーゼ(食物として摂ったデンプンを消化する酵素のこと)で加水分解したものの中から、難消化性成分を取り出し、調製した食物繊維です。
水溶性食物繊維は、特に海藻類に多く含まれている食物繊維で、水に溶けると、特有のねばりを持つ性質があり、このねばりが、一緒に摂取した糖質の吸収を緩やかにして、血糖値の急上昇を防ぎます。
ミネラルの吸収を促進する効果もあると言われています。
その証拠として、
Ca(カルシウム)
Mg(マグネシウム)
Fe(鉄)
Zn(亜鉛)
の吸収を促進することが動物実験で確認されています。

 

「サポニン」
サポニンは植物の葉や根っこ、茎などに含まれていて、大豆や高麗人参などに多く含まれています。
大豆に含まれているものは「大豆サポニン」高麗人参に含まれているものは「人参サポニン」と呼ばれ、含まれている植物によって名前も性質も変わります。
血流の改善、免疫力アップ、悪玉コレステロール(LDL)の低下、肝機能の改善、脂肪の吸収を抑える、働きがあります。

 

「サラシア」
サラシアはインド・スリランカから東南アジアにかけて広く分布する植物です。
サラシアに含まれる成分には、多糖を分解する酵素「α-グルコシダーゼ」を阻害する作用を示すことが確認され、麦芽糖とショ糖投与による血糖値上昇抑制効果が確認されています。
サラシアが食後の過血糖を一時的な制御効果だけではなく、長期的に血糖値を安定される作用を有していることが示されています。
また、サラシアがダイエット食品として、あるいは血糖値の急激な上昇をおさえる機能性食品としてすぐれ、糖尿病患者の補助だけではなく、糖尿病の予防にも対しても最も適した健康維持食品として認められたといえるでしょう。

血糖値を下げるための生活習慣

「食事」
食事療法の目的としては血糖値の管理はもちろん、コレステロール、血圧、体重を管理するということが挙げられます。
また、糖尿病であると診断された場合には、合併症を予防するために高脂血症や高血圧、肥満を改善することなどもそうです。
「カーボカウンティング」という手法があります。
これは、炭水化物の摂取量を調整することによって血糖値を管理するという方法です。
血糖値が高いと診断されてから一番初めに誰でもできるのが「ベジタブルファースト」です。
要は、一番初めに野菜を食べるよにする事です。
ほとんどの方は、白いごはんから食べてしまうので糖が一番初めに体に吸収されるので血糖値が急上昇してしまいます。
それを防ぐために一番最初の一口目から野菜を摂るのが良いんです。
野菜は、食物繊維が豊富で人間の消化酵素では分解されないので排泄されます。
食物線維が一番はじめに体に入る事で糖の吸収を抑える事が出来ます。
一般的な食事では、1日に200〜300mg程度の糖質を摂取しています。
これを70〜120mgまで抑えたいです。
血糖値が高い人は、カロリーではなく糖質の量に気を遣う必要があります。
白いごはんの量を半分にしておかずの量はそのままにしてから始めるのもいいと思います。
炭水化物は糖質が多いので1日で結構な糖質制限になります。
アルコールには、血糖値を上昇させる働きがあります。
さらに、お酒を飲む事で食欲が増してしまい普段よりも食事量が増えてそれだけ糖質を摂る事になります。
居酒屋だと揚げ物や糖質が多い食べ物が多いので余計に血糖値が上昇しやすいです。
なるべく、お酒は避けるべきですが、付き合いもあると思います。
食事をするときは、枝豆や野菜サラダを先に食べる事や中心に食べるようにしましょう。
お酒も理性が保つまでにして水をちょちいちょい飲むようにした方が良いです。
とにかく、飲み過ぎは厳禁です。

 

「運動」
運動療法においては、血糖値や脂肪代謝の改善に向けた取り組みが行われます。
糖尿病の治療になるだけでなく肥満が改善されますし、筋肉や肝機能の処理能力が改善されるなどといった効果もありますので糖尿病の予防につながる事は言うまでもありません。
運動不足には、筋肉に脂肪筋があります。
食べ過ぎや運動不足によって使われなかったエネルギーが筋肉の細胞に余って脂肪として残っている状態です。
それが、インスリンの働きを低下させて血糖値を上げやすくしています。
だから、週に1回の運動でも減らす事が出来るので血糖値の改善には有効なんです。

 

食欲低下、嘔吐、下痢、発熱、膝痛、腰痛といった体調不良がある場合、過度に血糖値が高い場合が挙げられます。
そのほか、糖尿病により腎機能が下がっている場合、眼底出血を引き起こしている場合も同様です。
また、心臓などを悪くしている人も運動が制限されることになるでしょう。